キム・ジュヒョクさんの代表作は何?恋人イ・ユヨンは何処にいたの?

キム・ジュヒョクさん(45)が30日午後4次30分頃、ソウル市内の路上で交通事故で死亡しました。キム・ジュヒョクさんは、映画俳優で、3日前に男優助演賞を受賞したばかりでした。キム・ジュヒョクさんの代表作は何でしょうか?またキム・ジュヒョクさんの恋人の女優、13歳年下のイ・ユヨンさんはその時何処にいて訃報を聞いたのでしょうか?

Sponsored Link

キム・ジュヒョクさんの代表作は何?

上の写真はキム・ジュヒョクさんと恋人イ・ユヨンさんです。

キム・ジュヒョクさんはソウル市サムスン洞の道路で、キム・ジュヒョクさんが運転するSUV車が、乗用車に追突し、その反動で歩道に追突、更にマンションの壁にぶつかり階段の下に墜落して横転したそうです。

どうやら運転は本人だったようで、心肺蘇生は叶わなかったようです。

キム・ジュヒョクさんは1972年10月3日生まれの45歳で、身長180cm、70kgのスポーツマンでもある俳優です。デビュー作は、1998年ドラマ「カイスト」での役でした。その後ドラマや映画でヒット作に相次いで出演します。

ドラマ「プラハの恋人」

キム・ジュヒョクさんの名が一躍広まったのは、チョン・ドヨンらと共演したドラマ「プラハの恋人」は視聴率30%を記録した大ヒット作です。

愛する女性を探しにプラハに訪れたサンヒョク(キム・ジュヒョクさん)が貧しいけれど、外交官のジェヒ(チョン・ドヨン)と偶然出会い、重愛を貫くラブストーリーで、プラハの美しい街並みとともに繰り広げられるロマンスは多くの女性をとりこにしました。そして、気の利いた粋なセリフやストーリーは、注目を集め、数々の韓国の賞を受賞しました。

映画「房子伝」

韓国映画『房子伝』も2010年の韓国時代劇になります。小間使いの房子(キム・ジュヒョク)は、夢龍(リュ・スンボム)に付いて出かけた清風閣で、芸者の春香(チョ・ヨジョン)に一目惚れをする。春香も、房子もお互いに惹かれるが、身分上昇の夢をあきらめることができない春香は、夢龍と一晩を過ごすことを選んでしまう、と言ったストーリーです。

Sponsored Link

映画は好評でしたがキム・ジュヒョクさん自身はこれまで賞に縁がなく、3日前27日に行われたソウル・慶熙(キョンヒ)大学平和の殿堂で開催された「ザ・ソウルアワーズ」で、映画「共助」の男優助演賞を受賞し、「映画で初めての賞です。演技を始めてから今年で20年になりますが、大きな賞をいただけて大変嬉しい」と感動していました。

またこれまで、ラブコメに出演することが多く、本格的な演技を要求された「共助」での悪役はずっとやりたかった役だったようです。やっと「共助」と出会え、これがキム・ジュヒョクさんの代表作といえる映画だったといえます

そして、天国にいる両親に感謝の言葉を述べました。そのわずか3日後に両親の元へ行くことになろうとは誰が想像したでしょう。

恋人イ・ユヨンは何処にいたの?

恋人イ・ユヨンさんとキム・ジュヒョクさんは、映画「YOURSELF AND YOURS]で共演したことがきっかけで、交際に発展し、結婚も間近だと伝えられていました。

イ・ユヨンさんは、「ランニングマン」の収録のために、ソウルからは離れた釜山でキム・ジュヒョクさんの訃報を聞くこととなりました。撮影は、中断されたと聞きましたが、イ・ユヨンさんのことがとても気がかりでなりません。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)