DeNAのリーグ優勝。クライマックスシリーズ下克上日本一なるか?

DeNAがセ・リーグの優勝で、日本シリーズに進み、パ・リーグの優勝チームSoft Bankと日本シリーズで戦っています。DeNAは、セ・リーグのレギュラーシーズンでは三位、一位の広島は14.5ゲーム差で圧倒的に強さを見せつけていただけに、まさかの結果に驚きました。クライマックスシリーズのあり方にも否定的な声も聞かれます。さて、リーグ戦3位だったチームが日本シリーズで日本一になる可能性は?

Sponsored Link

DeNAのリーグ優勝。クライマックスシリーズ下克上

DeNAのファンの方には申し訳ないのですが、今年の広島の強さを知っていると、誰もが、2017年、今年の日本シリーズは、セ・リーグ、パ・リーグそれぞれのレギュラーシーズンをぶっちぎり一位で終えた、広島カープ VS Soft Bankの日本シリーズを予想していたのではないでしょうか?

2007年より取り入れられたクライマックスシリーズ。(当初はポストシーズンゲーム)それまでは、セ・リーグ6球団とパ・リーグ6球団がそれぞれリーグ戦で戦い、それぞれの優勝チームが、日本シリーズで戦い日本一を決めると行ったシンプルなルールでした

2004年から2006年頃、パ・リーグはリーグ優勝が決まり、日本シリーズまでの消化試合をこなす代案に上位3チームによるトーナメント方式を取り入れ、興行的に成功していました。

また、その頃サッカー人気に対抗する方法を模索していた野球連盟が、両リーグの入れ替え戦など新しいルールを取り入れてゆきました。

総当りのリーグ戦で戦うレギュラーシーズン各リーグ上位3チームで戦うクライマックスシリーズクライマックスシリーズの優勝チームが戦う日本シリーズを経て日本一が決まるルールとなっています。

Sponsored Link

DeNAはクライマックスシリーズ日本一なるか!

クライマックスシリーズの、その前にあるリーグ戦では、半年近くかけ(2017年では、交流試合を含め、1チーム143試合を行い)戦います。

けれど、現行のルールでは、リーグ優勝は経った数試合の結局クライマックスシリーズで決まってしまいます。

クライマックスシリーズでは、3位のチームと2位のチームが3試合制で戦い先に2勝したチームが、1位チームとの試合に進みます。アドバンテージは2位のチームはホーム3位のチームはアウェイで戦います。そして引き分けなら、2位のチームの勝ちとなります。

先に2勝したチームと、1位チームとの試合は6試合制で、先に4勝下チームが、日本シリーズに進みます。アドバンテージは、全試合1位のチームのホームで戦い、1位のチームに、1勝が与えられています。

リーグ3位のDeNAが、10ゲーム差の2位阪神、14.5ゲーム差の1位広島に見事下克上で勝利したクライマックスシリーズについては、賛否両論挙がっています。

2007年にリーグ2位だった中日が日本シリーズに進み優勝、2010年にもで、リーグ3位だったロッテが、日本シリーズも制し日本一に輝いた例があります。その時もクライマックスシリーズの存在に意味があるかどうかかなり熱く議論されていました。

クライマックスシリーズが存在するなら、リーグ戦の意味が無いも一緒だと行った意見も根強く、1位のチームファンの気持ちを考えるなら納得です。確かに、ハンディが少なすぎるようには思ってしまいますが。

但し、アドバンテージがあありながら、負ける方にも問題ありとの厳しい意見も。

勝ち負けや、思いもよらない逆転がスポーツの世界の厳しさと面白さでもあると思います。

過去の結果を見てみると、リーグでの成績と日本シリーズの結果は関係がみられないようです。圧倒的王者のSoftBankか、このまま勢いでDeNAが突き進むのか。勝利の女神は果たして、どちらに微笑むでしょうか。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)